ペニブーストなどの精力剤を用いる方法がペニス増大に効果的です。

MENU

ペニス増大のその他の方法

 

精力剤やサプリメント以外でペニスを増大させる方法は次のものがあります。

 

  • 手術
  • 増大器具を使う
  • チントレ
  • 最高のパートナーとセックスしまくる

 

もっとも確実かつ短期間で大きくできるのは手術です。
包茎治療を専門に扱うクリニックを利用しましょう。ただし保険適用外の自費診療で高額な料金がかかります。
包茎手術は皮を切るだけなので安くやっているところもありますが、増大術や長茎術は手術費用が高額になり、一般的な相場は30万円~60万円ほどです。

 

亀頭増大だけならヒアルロン酸注入など手軽なものもありますが、半年~1年ほどで効果を失って元通りになってしまいます。
手術で大きくする場合は、執刀医の腕とデザインセンスが求められます。サイズアップはできても思っていた形と違ってコンプレックスが大きくなる人もいるので注意しましょう。

 

完璧な仕事を求めるなら、口コミの評判が良い名医のところで包茎手術、長茎術、亀頭増大術など複数の治療を行わないといけません。そうなると当然費用も膨れ上がって数百万円かかってしまうこともあります。

 

自分自身で行う方法ではチントレが効果的です。
ただ、チントレだけだと半年以上の時間がかかり、大半の人は手間を嫌って途中で挫折してしまいます。
増大器具を使えばより効果的になり、一昔前は需要が高い手法でした。
しかし、増大器具のマーケットだった通販サイトでは精力剤やサプリメントが高いシェアを獲得して増大器具を使う人が少なくなった背景があります。

 

セックスをする男女

 

もう一つ増大に効果的とされるのが、セックスを繰り返すことです。
ペニスが大きくなる仕組みは勃起している時間を長時間維持したり、パンパンのフル勃起を作ったり、締め付けるなど負荷をかけることです。

オナニーをするよりも、女性を相手にした方が勃起しやすくなるのは言うまでもないですし、腔内のしめつけはチントレと同じ効果を期待できます。

 

また、実際に女性を抱く行為はホルモンの分泌が活発になるのでペニスにとっては良い反応を期待できます。
ただ、あくまでも相性が良くて男性側が燃えてセックスできるようなパートナーに限定したものです。
ノリ気でないセックスや、相性が悪かったり緩めの女性を相手にしても増大効果は期待できません。

 

総合的に見て精力剤が無難

 

お金に余裕がある方は手術をオススメしますが、コストパフォーマンスや手軽さ、効果が出る可能性など総合的に判断すれば増大効果のある精力剤を使うことが一番手堅いです。

 

世界中でペニブーストが売れているのはその証拠で、ほかの増大効果のある精力剤も含めて精力剤市場はチントレや増大器具を使って大きくしようとする需要をどんどん奪っています。

 

理想を言えば、容姿もスタイルもアソコの締まりも最高な女性とセックスしまくって大きくすることですが、なかなか思い通りにいかないものです。

 

1人で人知れず大きなペニスを手に入れたい方ペニブーストを試してみてください